記事一覧

[クルマその3] Audi80(アウディ80) 1990年8月~2001年3月

ファイル 9-1.jpgアウディ80
純正でカメイのフロントスポイラーが付いていたんですけど、H12年にぶつけられました。

ファイル 9-2.jpgもうパーツは入手不可能だったのでアウディ90のフロント周り一式を付けました。
私としては以前のツラの方が良かったかな?と。
H13年2月、静岡に雪が降った日の写真です。

2001年5月26日コメント

この時代、自分はどうかしていたのです。
これまでアウディ80にはさほど興味は無かったのですが「欲しい!」と思ってしまったのです。BBSアルミホイール、フロントアンダーカウル、リアスポイラー、スポーツシート。「スポルト」という限定車でした。

勝手に決めたのでカミさんは本気で怒り、1ヶ月程会話がありませんでした。
飯だけは作ってくれたので、返って都合が良かったりして・・・

資金は下取り車のみで、残りはローン。相当額残りました。遊び呆けている自分に貯金などあるはずがない。家計からも出してくれない。ステップローンを利用したので6年でも終わらない。

自分とすれば3~4年乗って、換えるつもりで気楽に考えていました。ローンは自分の小遣いで返さなければならなく、その為に残業を無理やりやって、休日出勤もやって、ローン代金を捻出しました。

アウディを購入して5年(1995年)、雨が多い夏でした。
2泊3日の小旅行の帰りに清里の清泉寮に立ち寄った時の事。臨時駐車場でぬかるみにはまりそうになって4WDが欲しくなり、スキーにも頻繁に行っていた頃なので「4WDが欲しい!」という気持ちは一層強くなり、心のブレーキが効かなくなりました。

翌年の96年、私が選択したのは「グランドチェロキー」。
当時はホンダで取り扱っていて、懇意にしている営業マンも居たので都合が良かったのです。アウディのローンがまだ残っているのも構わず、契約書にハンコウを押すところまでいったのですが、カミさんが強く!抵抗しました。

1994年(H6年)に親父が亡くなって以来、自分がやらなければならない事が山程あり、趣味や粋狂で高価な買い物をしている場合ではなかったのです。気が付いてみれば家も築35年以上経っていてガタガタ。

漏電、雨漏りは日常茶飯事。お風呂も昔ながらのマキ。敷地内はガラクタの山。家とか家族の事など省みなかった自分。これ以上、お菓子の国に居たら私はロバになってしまいます。

結局、グランドチェロキーは諦めてカミさんにアウディのローン残金を一括で払って貰う代わりに10年間乗る約束をしたのでした。約束通り車歴では1番長く10年8ヶ月乗り、故障は皆無に近く、H13年の車検を通す事も真剣に考えていましたが残念なのはH12年に事故に遭遇した事でした。

ちなみに、現在(H13年)私は、けっして家庭的とは言えないダメ婿の私に辛抱しているカミさんの心の広さに、感謝の念を超越した気持ちを抱いています。時々ムカツク事もあるけど、尊敬の念を込めて彼女を「ママちゃん」と呼んでいます。

アウディ80については、何処か秀でている訳でも無く何の変哲も無い、極々平凡な車でしたが、質実剛健にして信頼出来る車で、今思えば、カミさんの性格のような車でした。A4を購入した時にカミさんに「おまえもいいかげんにモデルチェンジしろよな」って言ったら酷い目に遭いました(爆)。


[記事の編集履歴]

2007年08月10日 Web Diary(blog)化。
画像はそれ以前のhtmlページのものを移植したので小さいです。

2015年12月 画像を変更、改行など修正。