記事一覧

4、リアスポイラー

ファイル 23-1.jpgボディーデザイン的に賛否両論のリアスポイラーです。オリジナルモデル(初期型)では装着されていませんでしたが、発売当初にアウトバーンを高速で走行していたTTの横転事故が相次いだそうです(有名な事件です)。それは高速走行時の空力特性の為、ボディーが浮き上がってしまったのが原因だったようです。

その改善策を迫られたメーカー(Audi)は「しょーがねぇなー、こんな傑作デザインに後付けしたかねぇけど」と、心中思ったかどうか判りませんけど事故対策としてリアスポイラーを装着するようにしたそうです。

カーレースの中継を見ていると解説者が「んー・・・リアのダウンフォースが不足しているんじゃないかな~」とかコメントを言っているのを聞いた事ありますよね、それですよ、それ。ちなみに、亜久里さんの場合は現役時代から今も「んー・・・電気系統かな~」のコメントが似合っていますけど。

ファイル 23-2.jpg現在のリアスポイラーは対策後の初期モデルよりも大型タイプになっています。私としては、どーせスポイラーを付けるんだったら、この位の大きさで丁度良いんじゃないですか、と、思っています。デザイン重視で反対意見も根強くあるようです・・・そうですよね日本にはアウトバーンは無いですから、日本仕様でスポイラー無しモデルも有ったって良いじゃないですか、150Km位のスピード違反でもリアは浮かないんでしょ?。

スポイラー無しが正真正銘オリジナルデザインなんだし、ラインがスッキリして綺麗ですよね。欲を言えば通常は収納されていて、高速走行時に出てくるスポイラーだったら全て丸く収まるのでしょうか、コストが掛かりますけど。

そう言えばTTではありませんがニュービートルにもリアウィンド下部に小さいスポイラーが付いていたのを発見しました。

(P900iVで撮影 900x650にリサイズ)

  • 2006年03月18日(土)21時04分

▲ Page top