記事一覧

4、パワーウィンドーの話し

ファイル 49-1.jpgボタン一押しで自動的に開閉するパワーウィンドーも今では軽乗用車も商用車でも付いている機能ですから、我が青TTにも当然付いています。画像は運転席側のドアを写しています。この状態は運転席側ドアもウィンドーガラスも完全に閉まっている状態を示しています。

ファイル 49-2.jpg画像はドアを開けた状態を示しています。ウィンドーガラスを完全に閉めた状態でドアを開けると少し(5mm位か?)下がるのが画像で判ると思います。これはドアを閉じる時にウィンドーガラスにかかる負担を軽減させる為で、ドアを閉じると自動的にウィンドーガラスが上がり閉まります。

TTの取説のパワーウィンドーの項目に次のようなアドバイスと注意書きが記述されています。
[アドバイス]
一度パワーウィンドーを作動させた後、すぐに作動させると、動かないことがあります。これはモーターのブレーカーの働きによるものです。数秒間待ってから作動させてください。
[注意]
バッテリーのケーブルを外したときは、すべてのパワーウィンドーの“ワンタッチ機能”及び“セーフティ機能”が作動しなくなります。この時は、バッテリーの端子を接続した後、次の要領で“ワンタッチ機能”及び“セーフティ機能”を復帰させてください。

●各ドアウィンドーガラスごとに操作します。ドアウィンドーガラスが完全に閉まるまでスイッチを持ち上げたままにします。
●スイッチを離し、再び1秒くらいスイッチを持ち上げると“ワンタッチ機能”及び“セーフティ機能”が復帰します。

私の場合、4月か5月頃だったと思いますが無雑作なスイッチ操作でウィンドーの作動がおかしくなりました。具体的に何をやったのか覚えていませんけど、確かにその瞬間に「あれ?なんかヘンだな?」と感じました。

スイッチ一押しでの“ワンタッチ機能”が不可になり、窓を閉めるつもりが開いたり、ウィンドーの開閉がまったく作動しない現象もありました。この日は残業を終えて辺りはもう真っ暗、ディーラーに電話しても誰も出ないと思い、とりあえずガラスを全閉させて帰宅しました。

帰宅してから取説を読んだら上記のようなアドバイスと注意書きを発見した次第です。書いてある事柄と私の場合とでは内容が違っていますが、復帰方法は同じだと思います。「故障だ!」と大騒ぎしてディーラーに電話しなくて良かったです(爆)。

でも、このような凝っているパワーウィンドー動作…つまりウィンドーガラスが完全に閉まった状態でドアを開けるとガラスが少し下がる、ドアを閉めるとガラスが全閉するメカニズムって故障し易いと思うのですが、どうなんでしょうか?。

  • 2006年08月27日(日)11時39分

▲ Page top