記事一覧

蔵書とノート等

Web Diary(blog)化以前の古い記事です。その為、画像は小さいです。

2003年07月05日更新

ファイル 13-3.jpg「ラピタ」2000年10月号 保存版・大特集 2000年の「アイビー神話」復活!。ちょっと見ただけで本棚行きだったので、まだ新品みたい(笑)。

30ページには私が持っているSCENE(VANのへヴィーデューティー・ブランド)のダスターコートと(赤系チェック柄・ブッシュマン・ジャケットと紹介してあります)まったく同型品が紹介されていて嬉しかったです。

VANの製品は標準でへヴィーデューティーなんですが、SCENEブランドはさらにアウトドア的なスタンスが強調されたモデルでした。IVYルック=普遍的∴本物志向/トレンドに流されるなよ。

ファイル 13-4.jpg「VANグラフィティ・アイビーが青春だった」1997年12月15日発行 初版。私のようなIVYと言う舶来文化に洗礼を受けた人種には泣いて喜ぶような内容です(笑)。VANヂャケの小物類(ノベルティ)が、「これでもか」と言う位に紹介されています。衣装を買うとオマケを貰えたんですよね、それが洒落ていたんだな。

ファイル 13-5.jpg「アイビー雑学辞典」昭和58年4月30日発行 初版。珍しい左綴じの本です。アイテムをイラストとコメントで紹介しています。くろす・としゆき氏のIVYに関する、知識(雑学)を堪能できます。私の好きなアイテム「ニューポート・ブレザー」の「いわれ」についてのコメントもあります。

ファイル 13-6.jpg
VAN SCENEの万年筆をヤフオクで入手した時に出品者さんからのオマケで頂いたVANのクリスマスカードです。

ファイル 13-7.jpgアイビーボーイ図鑑1980年4月10日初版(絶版かな?)蔵書。著者/穂積和夫さん。穂積氏のイラストは有名ですよね~。メンクラ(メンズクラブ)の読み物の挿絵とか好きでした。ファッションばかりではないコダワリ派の一人です。

ファイル 13-8.jpgVANヂャケット博物館1993年7月30日初版(絶版)です。本の中にはにステッカーが2枚ありますが、もったいないので剥がしていません。帯には「今から8年後の2001年にボクらはアイビーの本当の意味を知り、アイビーに再び惚れなおし、アイビーを生んだ企業のスゴさにあらためて深い感動をおぼえることだろう」その通りになりましたね。

ファイル 13-9.jpgTAKE・IVY昭和40年発行。著者-石津祥介・くろすとしゆき・・・錚々たるメンバー。本の保存状態最悪です。元々は実兄の蔵書でしたが、彼は2冊持っていたので借りていた物が現在に至っています。20年以上本棚の肥やしになっていました。

ファイル 13-10.jpg
VANロゴノート・・化石です(笑)ナンバープレートの形をしています。

ファイル 13-1.jpg ファイル 13-2.jpg地区労「1952~1981年 30年のあゆみ」1982年09月20日発行 非売品。当時、労働組合関係者に30年周記念として配布された「運動史」です。ちょっと場違いかもしれませんが、私は歴史の証人です。彼等(ヴァンジャケ労組)の闘いを忘れません。