記事一覧

VAN パターン・メイドでニューポートブレザー(ニューポートジャケット)を新調しました。

ニューポートブレザーの記事はなんと!2003年5月以来の更新であります。
【関連記事、岡山・倉敷の旅】http://pierre-nouveau.xrea.jp/blog/index.cgi?no=241

ファイル 41-1.jpgKent-New port Model 生地:フランネル(秋冬)毛90%ナイロン10%、カラー:キャメル、VANハウス岡山さんにて購入。

ダブルブレスト4つボタン・2つ掛け、和名(VANヂャケが命名)ニューポートブレザー。胸ポケットはウエルト・ポケット(箱ポケット)、脇ポケットはフラップ・ポケットです。サイドベンツ、金釦(金ボタン)、袖2つボタン、ナチュラルショルダー、ウェルトシーム。

ファイル 41-2.jpgフラノ地のキャメルで「いかにもブレザーらしい」トラッド仕様の逸品であります。VANパターンメイドで誂えると、赤い「Collection タグ」が付きます。
実は、パターン・メイドでニューポートブレザー(フランネル、キャメル)をVAN岡山さんに御願いする事は2002年には既に決まっていたのです(Eメールの日付で2002年11月12日)。

メール原文→「早い時期には無理かと思いますがパターン・メイドでブレザーを考えています。その時には是非、VAN HOUSE岡山様に御願い致します。自分としてはKENTモデルのNPジャケット・フランネル(キャメル)を誂えたいと思っています。」、その理由は↓下記でありました。

ファイル 41-3.jpg画像は「小物・ノベルティ、その一」編でも紹介している「VAN2001年父の日記念刻印入り・ギフトボックス入り2ツ折り財布」の黒ですが、翌年の2002年6月、VANハウス岡山さんに探して頂いたデッドストックでした。

その時の、御尽力して頂いた感謝の意もあって上記のようなメールの文になりました。ちなみに、この時には「黒2個と茶2個」がデッドストックで在庫が有り、私が各1個、リンク先のTRADさんにも連絡して、二人で買い占めた次第です。

TRAD(トラッド)さんのHPでは→http://www1.ocn.ne.jp/~haseba/v_wallet.htmです。
ニューポートブレザーが我が家に到着したのが11月9日(金)なので自分にしてみれば実に5年掛りのパターン・メイドでありました。感慨深いと言うか感無量と言うのか判りませんが、今回の「岡山・倉敷の旅」でVAN HOUSE岡山さんの御店を訪問して本当に善かった、と思いました。

ニューポートブレザー(ニューポートジャケット)が好きな理由の1つはデフォルト(標準)でピークド・ラペルだから、と思います。ピン!と下衿の先が尖がっているので「シャキッ!」と見えそうなのが好いですよね。男はシャキッしなきゃ、シャキッと。

でも問題が無いワケでもないです…私はバブル時代、ファッションには全く興味が無かったのですが、ダブルブレストが流行ったんですよね、その時には確か、4つボタンでも下1つ掛けのスーツが主流だったと思います。

その反動なのかどうか判りませんが、現在に至るまでダブルブレスト全般はいまいち人気が無いですよね。

それにホワイトカラーの諸氏はシングルスーツが普通で、ダブル(スーツでもジャケットでも)だと、ある意味、仕事上結構勇気が必要ではないでしょうか。私の場合は普段ワークウェア(作業着)で、万が一出張なんか有ったとしても、スーツじゃなくてもいい場合が多いので、好みの4つボタン、ニューポートブレザーで出陣します。

そういう意味ではカチッとした(色気は無いですが)トラッド仕様のニューポートブレザーは御誂え向きなんです。カジュアルシーンでも使えますし万能ジャケットです。

ところで「ジャケットとブレザーの違いは?」
…んー、メタルボタンがついたジャケットをブレザーと言えば良いんじゃないですか。だから、ニューポートジャケットでもニューポートブレザーでも正解だと思いますよ、深読み厳禁です。

ファイル 41-4.jpg今回は「VANスタッキングカップ-N」と「2008'Pocket Diary」もプレゼントして頂きました。
ブレザーの購入は「2008'Pocket Diary」のキャンペーン前だったので嬉しかったです。