記事一覧

No16 映画「ファイヤーウォール」のクライスラー 300C

‘車よもやま話’、久々の更新であります。

現在の愛車TT3.2クワトロの近況ですが「ここがイヤだな、あそこが嫌いだな」とか、些細な箇所ではありますが少しは感じていますので
盲目的にベタ惚れっていうワケでもないのですが…はぃ、99.9パーセント満足、ひたすら己の世界に浸っています(爆)

TTというクルマを否定したい方々も存在しているのも事実であります。私の兄は若い頃からデカイ車が好きでして、
20代の後半からローレルの2.4L(2.8Lか?)→クラウン→セドリック→クラウン→初代クラウンマジェスタ(ここからV8)→ランクル→
セルシオ(ランクルV8は現在も所有)と、所謂3ナンバー車を乗り継いで今日に至っています。

その兄に言わせますとTTなんぞは、もうボロクソの糞であります(私も、彼の車には興味ありませんが)。
でも、結構、痛いところを突いてくるのですよ、鋭いです。
ボロクソの糞でも、話題にするのですから「相当インパクトの強い個性的なクルマなんだな」と自惚れております。

私はガタイが大きいクルマには興味は無いのですがV8(以上)のエンジンには興味津々です。
Audi A4のボディに4.2リッターV8エンジンを積んだAudi S4なんて良いじゃないですか、A4のボディに、ですよ!。
レクサスも興味無かったのですが近頃ISのボディにV8を押し込んだ「IS-F」なんてクルマがデトロイトショーで
御披露目されたそうです。凄いですよね。これでしたらプレミアムカーと認められるんじゃないでしょうか。

さて、そんな兄が好きそうな車(まだ彼には確かめてはいませんけど)、クライスラー 300C。
去年は宅配DVDレンタルにハマっていて、11月以降は休会していますが借りたDVDはトータルで100枚以上になりました。
その内でハリソンフォード主演の「ファイヤーウォール」がありました。

映画の内容は以前にテレビで上映予告編を観ただけなので予備知識は無いに等しいと思います。
ハリソンフォードの出演映画は安心して観る事ができますよね、アクション物でも冒険物でも、面白いです。
「ランダム・ハーツ」は好かんですが。

その「ファイヤーウォール」でハリソンフォード演じるジャック・スタンフィールドの愛車が300Cであります。
ジャックは妻と二人の子供と、海を眺める邸宅に住んでいます…えっ?名前がジャックで?海近くの家?ですか?
それってジャック・ライアンシリーズの「パトリオット・ゲーム」とイメージがダブりますが。まぁ、いいや。

今回はシアトルにある某銀行のセキュリティシステムの専門家の役柄です。なるほど、それでライアンの時よりも
大きな屋敷に住んでいるのですね…年収はどのくらいなんでしょう?、羨ましいですな。
それからシアトルという場所は雨が多いのでしょうか?300Cが登場する場面は必ず雨だったと記憶しています。

このクライスラー 300Cは雨に映えますよね、良い絵になっていましたよ。それにアメ車っぽくなくて。
セキュリティシステムの専門家=ヨーロッパ車に設定しなかったのがセンス良いと思いました。
これがBMWとかAUDIでしたら、定番と言うか、在り来り過ぎて面白くないですよね。

大きな車には興味が無いと言ってる私なのですが、この映画で初めて見たクライスラー300Cには、ちょっと心が惹かれました。
威圧感があって「どうだ!」って感じのする300Cなので私の好みとは逆のベクトルなんですけど。
んー気になるクルマであります。デザイナーとか調べてみたいですが、ちょっと面倒なので誰か教えて下さい。