記事一覧

独白16「Kiss&Kill(Cafe bar‘xyz’-1)」

独白16「Kiss&Kill(Cafe bar‘xyz’-1)」noscript版


雨は容赦なく 躰に降りそそぐ
 光るアスファルトをフラフラ歩き カフェバーに入った私の
凍てつく想いは 雨のせいではなく君が消えたから
 店の客は皆同じ灰色の顔 それぞれの癒えぬ記憶を呑んでいる

あぁ・・・あのレインコート あの長い髪の女
 私は息を詰めて 外の風景を凝視する
よく似た女の姿に 投影する想いは 愛憎が交錯し 時間も空間も
 現実を超越するが 時計の針は 間違いなく刻んでいて
君と過したあの頃 あの日から私の時計は 止まっている事を 思い知る

もし いつか 君と再び出逢う時の為に プレゼントを用意してあるけど
その時その瞬間 右か 左か どちらのポケットを選ぶのか 迷う 必ず悩む
  右ポケットにはkiss  利き腕の左には・・・kill

・・・Kiss&Kill-2004/05/20 23:00(Thu)-

(加筆修正あり-2018.12.14-)

独白は約1分50秒で、終わると自動的に記事一覧ページに戻ります。このページで使われているscriptは動作確認用です。近日中には正式(本番用)のscriptに変更します。

記事一覧のページに戻る 
前の独白に戻る  
次の独白へ進む

オーバーレイをOFFにする  
オーバーレイをONにする

  • 2018年12月18日(火)21時14分

▲ Page top