記事一覧

No07 伝説「空飛ぶレンガ」ボルボ

2002年9月20日 車、よもやま話No07   伝説「空飛ぶレンガ」ボルボ

何の変哲も無い四角い、ただ頑丈そうな車にしか見えなかった240がレースで大暴れした時
人々は畏怖の念を込めてこう呼びました「空飛ぶレンガ」

ボルボ240は悪く言うと田舎臭い車、良く言えば素朴な車です。
それがレースで大活躍したのですから当時のボルボファンは歓喜した事でしょう。
240は今でも根強いファンが大勢いるので中古市場でも活発に動いているようです。私自身も好きな車の1台です。

その後の850エステートもレースに出場していました。エステートとはワゴンタイプです。
ETCCなのかBTCC、DTMなのか忘れましたけど、ワゴンで出場しちゃうんですからこれはすっごいですよね!。ド根性でした。
エステートのレース模様はビデオで、ちょい観しましたけど「ド迫力あるわ~!!」、正直言ってマジ惚れました。
私のような若い世代?には「空飛ぶレンガ」のイメージはこの850エステートの方です。

その850のモデルチェンジ版がV70/S70(V70がエステートでS70がセダン)でした。
ボルボの5気筒エンジンは一種独特なエンジン音(排気音?)ですね、私は好みです。
この頃のV70/S70のデザインは850のイメージを色濃く残し、好ましいスタイルで「次の車にどうかな?」と、
真面目に検討した時期がありました。もちろん、グランドチェロキー事件の数年後の事ですが。

私の地方では静岡スバルさんがボルボ&ポルシェを取り扱っています。
現在は2つを分社化して移転しましたが、つい最近まで静岡-清水間の国1号上り側沿い
にお店を構えていました。よく見に行きました。
私が狙っていたのはS70(セダン)。
ワゴンタイプに強いてこだわっていなかったし、セダンは走っている台数が圧倒的に少ない事は判っていましたから。

そうこうしているうちに家の新築に取り組まなくてはならなくなり車購入どころではなくなりました。
その後、ボルボはフォード傘下に入り、デザインも変わってきました。
今でもボルボからDMが送られてきますがS70の紹介が無いのでカタログから消えたようですね。

初期のV70/S70は四角さを残し、また威圧感のある車でしたから「空飛ぶレンガ」のイメージ最後のボルボになると思っています。

現在のボルボ車で唯一気になる車種はクロスカントリーですが、高価な車ので私が購入する事は絶対に不可能でしょう。

  • 2002年09月20日(金)14時45分

▲ Page top