記事一覧

映画・私をスキーに連れてって・スキー行きたい・・・

(2015年11月28日、元の画像が見つかりましたので差し替えました。)

ファイル 46-1.jpg

1987年公開、映画「私をスキーに連れてって」ホイチョイ・プロダクション
この当時はバイク命でしたのでスキーには全く興味が無く劇場では観ていません。
初めて観たのはそれから・・・?年後、TV放映された時でした。
素直に面白い映画だなって思いました。
今でもビデオで年に5~6回は観ますね・・・いや、10回位かな(笑)
ボォ~っと観ているとカミさんが「また観てんの?!」と、呆れてお手上げのポーズをします。

初めは、ミーハーな映画だと聞いていたから、たいして期待していなかったのですが
スキーをやっていなかった自分にも「俺もスキーやってみようかな・・・」と
思わせるには十二分以上の楽しさがあり、私もホイチョイ魔法にかかってしまいました。
スキーをやり始めてから観ると、さらに面白いし、楽しい映画です。

オープニングシーンなんて最高っすね!

時間を気にしながら急いで仕事を終わらせ帰宅しようとする三上博史に
上司役、小坂一也の「おい!検算したんだろうな?」と声が飛ぶ。
自宅のガレージで愛車のタイヤをスタッドレスに交換するシーン。
いそいそとスキー用具をトランクに入れ、キャリアにスキー板を積んだところで
「私をスキーに連れてって」の映画タイトルが静かに現れる。
愛車に乗り込みエンジンを一吹かし、車のデッキにカセットテープを入れる。
車のリトラクタブルライトがあがると同時にユーミンの
♪ゲレンデのカフェテラスで~♪(サーフ天国スキー天国)
ガレージから出る時に走りながらアマチュア無線の簡易アンテナを車の屋根に附ける・・・
挿入歌の「サーフ天国スキー天国」と映像が相まって
「これからスキーに出かけるんだぁ♪」というウキウキした気持ちを見事に演出しています。

「良いよなぁ・・・またスキー行きたいな~・・・」飲みながら観るとマジ最高っ!

スキーに出発する直前には必ず観て、気持ちを盛り上げて出かけました。
よ~しっ!行くぞっ~♪!って
その時の感触を思い出したくて、味わいたくて今でも年に何回か観てしまいます。
ユーミンの曲が随所に挿入されていて、それがさらに雰囲気を盛り上げているんですよね。
この映画の影響で増殖したものは、スキーヤー・アマチュア無線家・セリカGT-FOURです。
私なんかもこの映画の雰囲気を味わう為にスキーをやっていたようなものですな(笑)

この映画を観るとあの日、あの頃のいろいろな良い思い出が甦ってきます。
VWゴルフⅡで「凍ってるねっ♪」もやった。
雪道じゃないところでやった時は、助手席に乗っていたSに(年下の友人で以前のコラムに登場)
「こんなとこじゃ凍ってねぇよ!」とか突っ込まれたりして(爆)
アマチュア無線の免許も、S君と会社の後輩達と一緒に取りましたね。

良い時代だったよな~、まだ夢があったよな~・・・んっ?バブル期か。
私にとっては懐かしい良きスキー熱中時代を回想する為の「心の支え的な映画」です。
今宵も思い出に浸るためにビデオを観ましょう~

Sよぉ~新婚ホヤホヤで悪いんだけどぉ~女房なんて留守番させてさぁ~スキー行こうぜっ!♪

(出演)
原田知世 三上博史 原田貴和子 高橋ひとみ 布施博 鳥越マリ 竹中直人 田中邦衛
(故人)沖田浩之 小坂一也

(挿入歌)
「サーフ天国、スキー天国」「恋人がサンタクロース」「A HAPPY NEW YEAR」「ブリザード」

▲ Page top