記事一覧

ミステリースポット3、ミステリースポット4

2001/08/01  ミステリースポット4

暑いですね~まったく・・・・
ミステリースポットを紹介したら反響が大きくて(冗談)。
だから、今日もミステリースポットを紹介しますね。
メジャーな所ですが、
そのうち、マイナーな所も思い出すでしょう。

国1号線宇津ノ谷トンネルの旧道のトンネルです・・・有名です。
旧道の旧道かもしれない。「明治トンネル」と言いますから。
宇津ノ谷の旧道に入ると釜風呂があります。
これを真っ直ぐ行くとトンネルがありますがこれは大正トンネルと
言います。ここも「グッと来るところ」です。
もしかして何かいるかな。
この道は旧国1に出られます(藤枝・静岡線と言う)
以前は国1号の渋滞が酷かったので西方面に行った帰り道に
よく使いました。

話を元に戻しましょう。
宇津ノ谷の旧道に入ると釜風呂があります。
少し進むとラブ・ホが2軒ありますが私は利用した事が無い。
「明治トンネル」は、その辺りから脇道に入るんだけどね・・・。
(忘れました・ごめんなさい!)
前出の大正トンネルを抜けた側からも行けます。

会社のN君とその友人達が数年前に行った時には
1人の女の子がヒステリー状態になったそうです。
感じ易い人は行かない方が良いですね。

昔、友人3人と私で行った時(深夜)には
皆、気持ち悪くなってゲロゲロ吐いてしまった。
みんな、泥酔していた。飲み屋さんから直行したんだ。
帰りに酔っ払い運転で捕まることも無かったが
朝になったら頭がガンガン痛かった事を憶えている。

このトンネルは「絶対あ・ぶ・な・い!!」出るよ。

明治トンネルは心霊スポットとして紹介され過ぎてギャラリーが多い。
霊より人間の方が恐ろしいので行かない方がいい。
霊からTELがありました「ウルサクテ、ネ・ム・レ・ナ・イ・・」と。


2001/07/29  ミステリースポット3

今日は偏頭痛が出ている。天気病みで困ったものだ。
私と同じ偏頭痛持ちの友人の事を思い出した。
この体験談は昔昔、大昔に友人から聞いた話です。
怖く無いかもしれませんが、まぁちょっと聞いてください。

彼はバイクで走るのが好きだった。
夏のある日、彼はソロツーリングに出掛けました。
時々すれ違うバイクに挨拶をしながら彼は走った。
バイク乗りにはバイク乗りの仁義がある。
すれ違う時に合図(挨拶)するのだ。
そうしてお互いの旅の無事を祈るのです。
当時はまだ挨拶すれば返ってきた。

彼は頭痛持ち。アスピリンの常用者で片時も離せない。
当時、かまやつひろしがゴロワーズ(たばこ)を吸っていたのを見て
気取って真似て、強いタバコを吸っていたのが頭痛の原因なのだ。
でも、彼は頭痛が無い時でも服用していた。

この日の往きは晴天で暑かったそうだ。
麦草峠辺りまで出っ張ったと言う。
夏の天気は変わり易い。帰路の途中で雲行きが怪しくなり
国52号線を走る頃には夜の帳(とばり)が降り、雨も降り出した。
彼はカッパを持っていなかった。

当時の国52号は現在と違って交通量も長閑(のどか)だった。
夜で、雨中走行は体力を消耗するし、疲労も限界に近かった。
しかも彼は頭痛が出たので少し前に薬を飲んでいた。
激しい痛みだったので倍以上の量を飲んだと言う話だ。

目前を走っている車は無く、バックミラーにもライトが映らない
孤独な走行をしている時間が続いたそうな。
しばらくして、突然、バックミラーにバイクのライトが写った。
いつのまにか他のライダーに追いつかれたのだ。
ペースを上げてもそいつは離れない。雨中のバトルになったが
そいつは彼を抜き去って行った。

彼にまた静寂な闇が訪れたがほんの数分だった。1台のバイクが
背後に迫っていたのです。またバトルが始まりました。
先程と同じで振り切れない。
彼を易々と抜き去って行ったそうです。
「さっきと同じヤツだ・・・」
バイクの排気音、バイクの型、
ライダーの後姿がそっくりどころか同一人物だった!。
彼は全身鳥肌がたったそうです。

彼が言うには、途中でそいつのバイクが止まっていたのを見ていないし、
もし、そうだとしても時間の勘定が合わないと言う。
つまり「絶対に自分の背後に回れるワケが無い!」と言い切った。

その時は「薬の飲み過ぎで幻覚でも見たんじゃないの」とか
「疲れていたから記憶間違いじゃないの」で話は終わったが
彼は「あれは幽霊ライダーだっ!」って言い張っていた。

国52号線を夜バイクで走れば1つや2つはヘンな話が必ずあります。

風の便りに聞けば彼は現在、
バッ○リン・セ○スが効かなくて他の頭痛薬を探しているという。

  • 2001年08月01日(水)16時36分

▲ Page top