記事一覧

オープンリールデッキその2、センシングテープを作りました

オートリバース録再機能付き4トラック2チャンネルのオープンリールデッキにセンシングテープ(アルミ箔のテープ)は必需品でありますが
入手が難しいですねぇ…あの手この手で探したのですが諦めて自作しました。
センシングテープをオープンリールテープの両端に貼っておくと自動的に繰り返し(往復)再生・録音してくれます。

ファイル 164-1.jpg
1、ホームセンターでNITTO(ニットー)の5mm幅の両面テープを購入して、アルミ箔はチューインガムの包み紙(銀紙)を利用しました。
  実はこのガム、タバコを1カートン買うとオマケで貰えるのですよ^^

ファイル 164-2.jpg
2、5mm幅の両面テープを適当に切り銀紙に貼り付けて、4辺(画像では3辺)をハサミで丁寧に切ります。
  両面テープ部が包み紙(銀紙)より出てはまずいです。

ファイル 164-3.jpg
3、「とりあえず2枚作ってみたよ」みたいな事を表現している画像です。

ファイル 164-4.jpg
4、オープンリールテープ(両端の)録音面の裏側に接着させて出来上がりです。
水色のところはスプライシングテープでリーダーテープと録音テープを接合している箇所です。
センシングテープを貼る場所はここで良いと思うのですが、皆さんはどこに貼っていますか?。

もし、参考になるようでしたら(これで使用して不具合は出ていませんが)自己責任でお願いしたいと存じます^^

  • 2009年05月16日(土)11時25分

▲ Page top