記事一覧

NEC Mate タイプME ライザーカードにハードディスクを増設

NEC Mate タイプMEスリムタワー型パソコンのライザーカード(ライザーボード)を利用して、ここに3台目のハードディスクを増設する事にしました。
工作に使ったHDDマウンターは廃棄処分した古い他機種のものを穴あけ等小細工を施して再利用しています。

【試作 MY30A/E-8にて】
試作を作るに当って使用したパソコンはCPUをQ9550に換装してあるMY30A/E-8ですが、E-6(ME-6),E-7(ME-7),E-8(ME-8)全般に当てはまると思います。
1つしかないPCIスロットを殺す事になりますが、私の場合は使ってないので影響ありません。
この箇所でしたらHDDマウンターを固定し易いし、またハードディスクを取り付けても各部分のクリアランスは余裕がありました。

(ブラウザを全画面表示にして画像をクリックすれば最大の800×600で表示します。画像にも簡略なコメントをつけてあります)
ファイル 183-1.jpg ファイル 183-2.jpg ファイル 183-3.jpg ファイル 183-4.jpg ファイル 183-5.jpg

空いてるPCI Express x1には、例えば最下の画像で紹介しています「エアリア TWIN TURBO HYBRID TYPE.B SD-PESA3ES2L」を装着して
SATAケーブル1本と「アイネックス シリアルATA用二股電源ケーブル S2-1501SA」を使えばOKだと思います。

*この試作品は勤務先のハゲタカさんに持っていかれて現在も絶賛使用中との事でございます^^

【習作その1 MK33M/E-Bにて】
搭載しているCPUから推測するしかないですがE-9(ME-9)、E-A(ME-A)にも当てはまると思います。が、現時点では両型とも入手できていません。
習作は2個製作しました。この「習作その1」はジャンク(ガラクタ)で入手したE-B(ME-B)型2台のうちの1台、MK33M/E-B(Core i5 660)を使用しました。

このE-B(ME-B)は職場に置いてある予備のパソコンです。部品取り用としてジャンク(ガラクタ)を購入しましたが動作確認したところ正常でした。
パラレルポートは見捨てられた存在で、この機種でも辛うじて拡張スロットで用意されてるにすぎません。
本機にはPCI Express x1に貴重な?パラレルポートの増設カードが鎮座しておりました。

ファイル 183-6.jpg ファイル 183-7.jpg ファイル 183-8.jpg ファイル 183-9.jpg ファイル 183-10.jpg

作業はE-B(ME-B)よりE-6(ME-6),E-7(ME-7),E-8(ME-8)のライザーカード(ライザーボード)の方が小細工、設置ともやりやすかったです。
E-6~E-8のライザーカードとポートの位置が異なり上がPCI Express x1、下がPCIと逆になっています。
またE-6(ME-6),E-7(ME-7),E-8(ME-8)とME-Bでは互換性がありません。HDDマウンターの固定方法には充分な注意が必要です。

緊急の場合には業務にも使いたい為にパラレルポートは無視できない存在(そんな出番はないと思いますけれど^^)です。
必要な理由ですけど製造用のプログラム作成ソフトが古く、パラレルに接続するプロテクトドングルを要求しますのです。

このパソコンではPCI Express x1が既に埋まっているので「エアリア TWIN TURBO HYBRID TYPE.B SD-PESA3ES2L」を増設できません。
ですから、各部分の接触の有無、ヒートシンクとのクリアランス、内部SATAと接続し使用時のハードディスクの温度などを調べました。

【習作その2 MK25H/E-B(Core i7 870換装)にて】
こちらはMK25H/E-Bを使用しました。習作その1で使用したE-B同様にジャンク(ガラクタ)品だったのですが外見も綺麗で動作確認したところ正常でした。
ただ、CPUが抜き取られた状態のジャンクでしたので中古のCore i7-870に換装して使用しています。あんまりにも調子が良いので現在では自宅に持ち帰って
Vostro430の替りにサブパソコンとして使用しています。はい、熱は篭ります。

ファイル 183-11.jpg ファイル 183-12.jpg ファイル 183-13.jpg ファイル 183-14.jpg ファイル 183-15.jpg

画像で、MK25H/E-BのライザーカードのPCI Express x1に取り付けた増設カードは「エアリア TWIN TURBO HYBRID TYPE.B SD-PESA3ES2L」です。
このカードは内部SATA用に2ポート、外部eSATA用に2ポートを備えているので合計4ポートなんですが、
ジャンパーピンで切替えて使う仕様なので、実際に同時に使えるポートは2ポートです。
パターンは4通りです「SATAの2ポート」「eSATAの2ポート」「SATAとeSATA」「eSATAとSATA」です。

【その他の画像】

参考になるかどうか分かりませんが以下の5枚の画像もどうぞ。

ファイル 183-16.jpg ファイル 183-17.jpg ファイル 183-18.jpg ファイル 183-19.jpg ファイル 183-20.jpg

左から
「MK25H/E-Bのライザーカード(ライザーボード)と廃棄処分した古い他機種のハードディスクマウンター小細工後」
「HDDマウンターを着けたMY30A/E-8のライザーカードとエアリア TWIN TURBO HYBRID TYPE.B SD-PESA3ES2Lカードを着けたMK25H/E-Bのライザーカード」
「SATA、eSATA増設カードのエアリア TWIN TURBO HYBRID TYPE.B SD-PESA3ES2Lの元箱」
「今回使用したジュラコンスペーサー、とネジ付きジュラコンスペーサー、ステンレス座金、ネジ各種」
「MK25H/E-B(Core i7-870換装)のエンコ時間とCPU温度、Windows エクスペリエンス インデックス」

[*]その他のエンコ時間、CPU温度、Windowsエクスペリエンス インデックスについてはこちらの記事の最下の画像もどうぞ。
http://duran.jp/vine/index.cgi?no=182

▲ Page top