記事一覧

No10 映画「サマー・シュプール」 ヘンテコリンなVWゴルフが盛り沢山

(今は昔)ある日の事、私は用も無いのにヤナセに行きました。
この時代、A4-1.8AVANTを紹介してくれた中古車担当のTさんはまだ新車担当でした。
ショールームに入るとTさんがニヤニヤしながら近づいてきて
「こんな映画があるんですよ、静岡市では上映されていませんけどね(笑)」と
1枚の映画パンフレットを私に見せてくれた。
「スキーと変わったVWゴルフの映画ですから2倍楽しめますよ」

「サマー・シュプール ぶっ飛び!ダイナマイト・レース」、原題「FIRE,ICE AND DYNAMITE」1990年か1991年の夏、公開。
この映画は当時、静岡・清水では上映しているところがなくて、島田市の某映画館で上映している事がわかった。それも・・・
なんと!嬉しい事に「T2(ターミネーター2)」と同時上映だったのだ!。

暫くしてS君と2人、愛車Audi80で島田市まで飛ばしました(S君、暑い日だったね)
「T2」は好きな映画の一つで今でも時々ビデオを引っ張り出して観ます。
映像と音声を流しながら他の事をやっていると言った方が正解ですけどね。
ではサマーシュプールの方は?と言うと・・・

スキーのシーンもあったし、VWゴルフが登場したシーンもあったので
Tさんは嘘はついていなかったですけど、期待した程ではなかったですね。
ロジャー・ムーアも出演していましたが、どんな役柄だったのか印象に残っていません。
兎に角、ドタバタの破茶目茶(ハチャメチャ)な映画でした。

例えばスキー板かスノボーに小型ロケットが付いていたりするワケで、また
マウンテンバイクで急崖を降ったりで、そういうシーンはやたら凄かった記憶があります。
ストーリー的にはB級映画だと思いました。

期待していた変り種VWゴルフも、映画の終盤頃の登場でしたが確かに4輪操舵(4輪とも舵取りが出きる)のゴルフⅠ型とか
「おぃ!本当にこんな車、動くのかょ!!」と思うような突っ込みどころ満載な胡散臭いVWゴルフが
盛り沢山登場しましたのでVWゴルフファンの方には面白いのでは、と思いました。
007のボンドカーが普通の車にさえ感じてしまいます。(ホントに?)

この映画の事を、当時一緒に観たS君に電話して聞いたところ、彼は
「っん~・・・どんな映画だったかな~???」でした。
やはり「T2」の方がメジャーだったし、サマーシュプールの方は同時上映のオマケという印象で、
T2の凄さに存在をかき消されてしまった感じでしたね。

「サマー・シュプール」はスキー関連の浪漫ティックな映画だと思って観ると大外れです。
基本的にはコメディー映画のジャンルだと思いますが、やる事が滅茶苦茶な映画ですから
普通のスポーツに飽き足らない人たちが観ればオオウケするかもしれません。
今観てもアブノーマル度は高いと思いますよ。

それでも暑い最中に、S君も私も、数ヵ月後の正月スキーに向けて夢を膨らませるには充分だった映画でした。


[記事の編集履歴]

2017年11月24日(金)
題名をNo10 映画「サマー・シュプール」からNo10 映画「サマー・シュプール」ヘンテコリンなVWゴルフが盛り沢山、に変更しました。
全角アルファベットを半角に訂正。

2002年09月26日(木)14時58分
車、よもやま話No10 映画「サマー・シュプール」で記事を更新。

  • 2002年09月26日(木)14時58分

▲ Page top