記事一覧

独白07「疵…Part2」

独白07「疵…Part2」noscript版


クラリス・・・君に背中を刺されたのは・・・今頃の季節だったね

汗ばむ愛のあとで 君は隠し持っていた 凍りのナイフを
力いっぱい振り下ろした

白いシーツが 鮮血で真っ赤に染まり 私の裸身を・・・
髪の毛の先端から 足の爪先まで激痛が
閃光と共に貫いた

私は 私のような人間でも血は赤いんだな・・・と
ボンヤリ思いながら次第に意識が薄れていった

あの時 何があったんだろう・・・君を喰らおうとしたのかね?

ホンの僅か 刃先の欠片が身体の中に残り 今でもシクシク痛む・・・
それはまるで欠片が 君の肉体の一部で
私の肉体と同化する事に
拒絶反応を起こしているように思えてならない

この苦痛は 時として心地よく、時として恍惚に、時として阿修羅の如く・・・ 私はなす術も無く、ただ茫然と身を委ね、甘受し、忘却の彼方を虚ろに見つめる

いつか苦痛は 時空を超越し、君の残した欠片が私の肉体と、識と完全に同化するまで

・・・Kiss&Kill-2003/08/11 21:44(Mon)-

(加筆修正あり-2018.12.06-)

独白は約1分57秒で、終わると自動的に記事一覧ページに戻ります。このページで使われているscriptは動作確認用です。近日中には正式(本番用)のscriptに変更します。

記事一覧のページに戻る 
前の独白に戻る  
次の独白へ進む

オーバーレイをOFFにする  
オーバーレイをONにする

  • 2018年12月09日(日)17時47分

▲ Page top