記事一覧

No05 マックウィーン爆走!フォード・マスタング

2002年9月18日 車、よもやま話No05  マックウィーン爆走!フォード・マスタング

スティーブ・マックウィーン主演の映画「ブリット」
古い映画ですので劇場で観たのか、TV放映で観たのか定かではありませんが観た事があります。
その映画の中で彼が乗っていたのがフォード・ムスタングです。
当時はマスタングではなくムスタングと呼ばれていました。

マックウィーンの車好き・バイク好きは有名で、映画「大脱走」でも華麗なバイクテクニックを披露しています。(ビデオ持っています)
同じく、ルマン24hレースを題材にした映画「栄光のルマン」も有名ですね。
(ビデオ欲しいな・・・)

映画「ブリット」を有名にしたのは、今では「伝説的なカーチェイス」とさえ呼ばれる迫力ありあまるサンフランシスコでのカーチェイスシーンです。
マックウィーンは替え玉無しで撮影した言われています。

私は些細なシーンを微かに憶えています。
マックウィーン扮する刑事が、尾行を悪人に気付かれて、今まさにカーチェイスが始まる直前シートベルトをカチャッ、と装着したシーンでした。
おぉ!何と!芸の細かさ!!

上でサンフランシスコと書きましたが、カーチェイスのシーンで街中の坂道を疾走して下っていくシーンが記憶にあるので、
間違っていたらごめんなさい。

この時代のムスタングは格好よさげです!私は実物を見ました。
格好良いのは言うまでもないのですが、でかくて、しかも、やたら平べったい車に感じました。

アメ車特有のあのドバッ・ドバッ・ドバッというド太い排気音
いかにも「低回転からトルクが出ているぞっV型OHV!」って言う力強いサウンドでした。
この排気音も聴き慣れるとクセになってしまいそうですね。
(以上3行は前回フォード・トリノからのコピー文です、すみません・・・)

この型のムスタングには白いボディーカラーが似合っていると思いました。
それにレーシングストライプが入っていればシェルビー・チューンの気分を味わえるかもしれません。

ムスタング(マスタング)に栄光あれ!!

  • 2002年09月18日(水)14時40分

▲ Page top