記事一覧

ドライビングシューズその9 ウオモ・ピアッチェヴォーレ(ピアッツェボーレ)青と緑

negroni UOMO PIACEVOLE(ネグローニ ウオモ・ピアッチェヴォーレ、またはピアッツェボーレ)の青(ブルー)と緑(ブリティッシュグリーン)をオーダーしました。因みにPIACEVOLEの呼び方は‘ピアチェボーレ’でも良いんですよね?。

ブルーは一度手直しを経て2017年08月18日に再到着、注文時期が異なるブリティッシュグリーンは2017年11月23日に到着しました。下の画像は全て2017年の時の物です、古いネタでスミマセン(汗

ファイル 427-1.jpg
ブルーとブリティッシュグリーンのPIACEVOLE(ピアッチェヴォーレ、ピアッツェボーレまたはピアチェボーレ)です。緑(ブリティッシュグリーン)はブランドカラーだと何処かに書いてあった記憶があります。

自分的にはブリティッシュグリーンが好みなんですが、私的周辺ではブルーの方が若干評判が良いようです。どちらにしてもブルージンズによく似合いますので両方共好きに決まっていますが^^
この両品は一品制作ですから全く同一ではありません、違いが分かるでしょうか?

ファイル 427-2.jpg ファイル 427-3.jpg

ただ、このモデルは既にオリジナルの最上部シューレースホックが生産終了の為に汎用のホックを使用しています(写真では光って見えますが実は艶消し黒色です)。そこが唯一残念なところですが無い物ねだりしてはいけませんです。

履いていれば気にならなくなりますので。履き心地は定番商品の時と同じで絶品です。

ファイル 427-4.jpg ファイル 427-5.jpg

両シューズともにサイズは24cmです。が、例えばリーガルの2000番台(例えば2235とか2589とか)のメンズ24㎝を履いている人が、このシューズを履くとジャストフィットかどうかは分かりません。もしかすると窮屈と感じる人もいるかもしれません。私の場合は始め若干の圧迫感はありましたが、元々運動靴等の類はピチピチ位のピッタリが好みなのでジャストフィットです。

アウトソールのパターンは凸で、これが摩耗し易いと思います。以前履いてたウオモ・ピアッチェヴォーレは見事にスリックタイヤのようになりました^^

でもご安心ください。オールソール可能ですから。

  • 2020年01月01日(水)15時45分

▲ Page top